楽な仕事

楽な仕事・職業ランキング正社員おすすめ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎日会社に行くのが辛い!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

理由は様々ですが・・・営業ノルマ・人間関係・サービス残業など問題山積みの会社とはさようならしたい・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・楽な仕事を見つけるならおすすめ職種・併せて相談窓口をご紹介してます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

給料が多少低くとも、常にプレッシャーにさらされるような仕事は避けたい

 

 

 

営業ノルマや実力主義など常に成績を気にする・人間関係がギクシャクしてストレスが貯まる

 

 

 

クレーム対応がメインのコールセンター・サービス残業が多い・土日休めない

 

 

 

精神的に楽な仕事や紹介しますので、体調を崩してしまう前にこれらのような

 

 

 

仕事をしてみることを検討してみてはいかがでしょうか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

楽といえる職種の特徴は

 

 

 

 

 

※ノルマがない

 

 

 

 

 

※電話対応 (コールセンターの一次対応)・クレーム対応がない

 

 

 

 

 

※残業がない・少ない

 

 

 

 

 

※土日祝休み

 

 

 

 

 

※人間関係が良い・風通しの良い職場

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人気の職種をまとめてみました!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

事務職

 

 

 

 

 

 

 

事務職は精神的に楽な仕事という認識が広まっており人気があります。

 

 

 

 

 

一般的に来客対応や電話の取次ぎ

 

 

 

 

 

書類のファイリングなど雑務全般

 

 

 

 

 

自分のペースで、任された仕事をこなせばいいだけなので、余計な気配りをする必要がないのがメリットです。

 

 

 

 

 

いわゆるコツコツ系の1つといえます。

 

 

 

 

 

求人で人気があるので募集がかかると埋まりやすい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビルメンテナンス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネット上で話題の「ストレスのない仕事」といわれビルメンテナンス

 

 

 

 

 

仕事内容はビルの監視室でモニターを見たり、ビルの保全作業や修繕作業をしたり、ボイラーや電気の管理をする仕事内容

 

 

 

 

 

 

 

ビルメンテナンスは24時間交代勤務が多く、月の勤務日数が10日前後になるということ。

 

 

 

 

 

休みが多く仕事とプライベートの両立がしやすいというメリットがあります。

 

 

 

 

 

デメリットは土日休みたいとか・日勤のみという方にはおすすめはしません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

施設警備員

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大型のショッピングセンターや複合施設、遊園地・ホテルなどの警備

 

 

 

 

 

道路などの雑踏警備と比べ

 

 

 

 

 

エアコンが効いている職場も多く体力的にも比較的楽といえるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

施設の巡回や、防犯カメラでの警備などが主な業務。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マンションの管理人

 

 

 

 

 

 

 

ほぼいるだけ・施設警備に近いものではないでしょうか

 

 

 

 

 

ポスティングの監視や不審者が侵入しないかなど

 

 

 

 

 

警備的な役割

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大学職員・学校事務

 

 

 

 

 

 

安定していて福利厚生もあり

 

 

 

 

 

 

 

大学職員や学校事務の仕事は安定していて給料も高め

 

 

 

の安定職といえるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

その分求人の人気が高く・求人がでたらすぐ人が集まる

 

 

 

お宝求人といえるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

図書館司書

 

 

 

 

 

 

 

本と向き合うことがメインなので対人関係が苦手な方にも

 

 

 

 

 

 

 

おすすめな職業です。

 

 

 

 

 

 

 

求人が少なめのようなのでこまめに求人サイトやハローワークの求人情報
をチェックしてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

求人を見つけるおすすめサイトはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

楽な仕事は人気です。求人情報がでてもすぐに求職者が群がり

 

 

 

 

 

埋まってしまうのが現実です。

 

 

 

 

 

 

 

おすすめとしてはリクナビネクストに登録していつも求人チェックをするか

 

 

 

 

 

 

 

転職エージェントに面談して希望を伝えておくのがおすすめ

 

 

 

 

 

 

 

まだ公に出る前に教えてくれる場合や非公開求人として公に出ない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

情報を教えてもらえる場合もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事内容は妥協せず

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご自身に合う就業先を見つけて末永く働くのが理想だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

がんばってください(*´▽`*)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事辞めたいけど上司が怖くて言えない・退職できないなどのお悩みは退職代行がおすすめ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

退職代行のご相談はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

楽な仕事探し・転職サイトおすすめ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リクルートエージェント

 

 

 

 

 

転職のリクルートエージェントは約31万人を成功に導いた転職支援実績No.1

 

 

 

 

一般公開している求人・非公開求人含め・10万件以上の転職求人情報

 

 

 

※応募が殺到しすぎるお宝求人・企業戦略上一般公開できない重要求人・非公開にせざるを得ない魅力的な求人も多数)

 

 

 

各業界・各業種に精通したキャリアアドバイザーが求職者の希望やスキルに沿った求人を、厳選してご紹介

 

 

 

求人の紹介だけではなく職務経歴書・履歴書などの書類の添削、独自に分析した業界・企業情報の提供、志望企業への推薦など様々な転職サポート

 

 

 

 

 

 

リクルートエージェント 無料転職相談はこちら

 

 

 

 

 

 

http://r-agent.com/

 

 

 

 

 

 

 

まずは転職求人を探したいという方へおすすめリクナビNEXT

 

 

 

 

スカウト機能を利用すれば企業から直接オファーがくる場合もあり

 

 

 

 

 

リクナビNEXT・無料登録はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DODAエージェントサービス

 

 

 

 

 

転職のプロに相談できる転職サイト・業界・職種に精通した

 

 

専任のキャリアアドバイザーが応募書類の書き方指導や、

 

 

万全の面接対策/客観的な立場から適性を活かせる仕事をアドバイス

 

 

 

 

 

 

DODA 無料転職相談はこちら

 

 

 

 

 

 

https://doda.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パソナキャリア

 

 

 

 

 

正しい転職とは何か。各業界・職種毎に専門特化したキャリアアドバイザーが、様々な角度から

 

 

 

キャリアコンサルティングを実施し、求職者の方の強みやキャリアプランをアドバイス

 

 

 

業界・業種を問わず、約6,000件の公開案件・約15,000件の非公開求人

 

 

 

 

 

 

パソナキャリア 無料転職相談はこちら

 

 

 

 

 

 

 

http://pasonacareer.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リクナビNEXT

 

 

 

 

リクナビNEXTは転職者向け専用サイト・どんな転職求人があるのか調べてみたい方へおすすめ

 

 

 

職務経歴書作成・企業からの直接オファーがもらえるなど無料登録で使えるサービスが豊富

 

 

 

 

 

 

リクナビNEXT・無料登録はこちら

 

 

 

 

 

 

https://next.rikunabi.com/

 

 

 

 

 

 

 

転職の相談ならリクルートエージェントがおすすめ・キャリアアドバイザーが全面サポート

 

 

 

 

 

 

リクルートエージェント 無料転職相談はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

転職サイトコラム

 

 

 

ベストな転職方法といえば、今の仕事は続けながら転職先を探し、転職先を決めてから、辞表を出すことです。
転職先を探すより先に辞めてしまったら、転職先がなかなか決まらないと決まらなかったらどうしよう、という焦りを感じ始めます。
また、お金の面で不安になることもありますから、次の就職先を見つけてから退職することをおすすめします。
あと、探すのは自分の力だけでなくアドバイスが突破口になることもあると思います。

 

 

異業種への転職を図ってみても、半年経っても転職先がみつからないというケースがあるものです。

 

若い内の転職希望であれば経験がなくても受け入れてもらえるなどと小耳にはさむこともありますが、それも、20代までに見ることが許されている夢ではないでしょうか。
ですが、求人募集が常に堪えないような業種に飛び込んでいけばあまりいい労働条件のところは見つからないでしょうが異業種への転職も不可能ではないでしょう。転職するためには持っていた方が良い資格も存在しますので、まず取得し、それから転職するのがいいかもしれません。

 

 

異業種への転職を考えているなら尚更、経験者ではないのですから、他の志願者に比べ劣ってしまうので、希望する職種に求められる資格を取得し備えておけばいいですね。

 

 

 

資格を持っているからといって必ず採用を勝ち取るわけではありません。転職する場合、履歴書の職歴欄には読み手に伝わりやすいように記入しましょう。あなたの今までの業務の内容がわかれば、今必要としている役職で活躍できるか、採用担当者も想像がつきやすく、判断の材料になります。

 

さらに、顔写真は意外と重視されるもので、大げさに感じられるかもしれませんが、写真館などで、撮影してもらうのがベストです。記入している途中で間違えてしまった時は、もう一度新しいものを使って、記入しましょう。
もし、スマホが手放せないような人なら、転職アプリがおすすめです。

 

 

通信料以外はタダです。求人情報を探すところから応募するまで、すごく簡単にできるんです。時間も手間もかからないから、求人情報誌やハローワークより面倒じゃないと思うのでは、というくらい手軽で便利です。でも、使用する転職アプリによっては、機能や使用方法が違うためたとえばレビューなどを参考にしてください。仕事を変えるとなると面接を受ける必要がありますが、その時は清潔なイメージの恰好をしてポジティブシンキングを実践している人のように行動しましょう。
尋ねられると予想されることはいくつかパターンがありますから、シナリオを書いておいて、端的にいえるよう練習しておいてください。うまく説明ができなくなったり、後ろ向きなもの言いは好まれません。

 

貫禄のある態度でのぞみましょう。

 

転職の志望動機として、重要になることは、ポジティブさが伝わるような意欲的な中身です。これまで以上に成長を可能とするとか、これまで習得してきた専門知識や技術を活かすことができそうというような仕事への積極性が具体的に伝わるような志望動機を考えてみてください。

 

できれば、その会社の特長に合った志望動機をまとめることが望ましいと考えられます。

 

そのためには、綿密な下調べを行っていくようにしましょう。

 

転職先が決まりそうな目途がなかなか立たず、うつ病と診断される人もいます。

 

このうつ病という疾病にかかると、完治の目途など立たないスパンの治療を要しますし、経済面での不安が追加されてメンタル的にもっと危機を感じます。

 

 

 

新天地を求めて求職者としての立場になる転職活動期間に突入すると、描いた計画のようにはいかずにもうだめだと感じて、どうして生きてゆけばいいのか分からなくなる人がたくさんいます。自分が選んだ転職だからと、自分で早く再就職を決める義務を感じた段階で早めに、専門家に相談のできる窓口を探して訪問しましょう。

 

仮にUターン転職を検討しているなら、その地方の求人情報を得ることが難しいこともあります。ただ、転職サイトであったり転職を支援するアプリをダウンロードすれば、目指す地方の求人情報を容易に見つけられますし、エントリーだって可能になります。

 

盛りだくさんの求人情報のうちから自分に適した転職先へ行けるように、利用可能なツールなら何でも利用することをお勧めします。

 

 

 

飲食業界から出て異業種の仕事をみつけるのはとても大変です。飲食業界の労働条件ではものすごくたいへんな思いをせざるを得ない働き方をせざるを得ないということが多くあり、不安な将来を思い描くようになり、別の仕事を探し始める場合も稀ではないようです。
寝込むようなことになってしまったら転職はできなくなってしまいますから、どうぞお早目の転職活動をおすすめいたします。転職により状況が悪くなる事も珍しくありません。転職前よりも仕事量がふえたり、待遇が悪くなったり、前の職場が良かったと感じる事もありがちです。

 

 

転職を失敗しないためには、資料集めを十分に行う事が大切です。

 

 

 

もちろん、自己PRをする力も必要なのです。
焦る事なくがんばるようにしてください。転職サイトを活用すると、他の媒体では入手できない求人情報を得られるかもしれません。
しかも、効率的に転職活動を行えるよう助言してもらうこともできるのです。

 

無料ですので、ネット環境が整っているのなら使わないのは惜しいことですよね。転職先をリサーチする一つの手段として、活用することを強くお勧めします。
今の仕事から別の仕事への転職の際の自己PRを負担に思う人も大勢いるでしょう。

 

 

 

まだ自分の良さが理解できていなくて、しっかりとPRできない方も少ないとは言えません。転職に関するサイトで性格の診断を使ってみたり、周りの人に頼んで教えてもらうという方法も良いでしょう。加えて、その会社に無事転職することができたら、どんな風に役立てるのかもお考えください。一般的に、転職先を決めるために大切なのは、おびただしい数の求人の中からニーズに適う転職先を見つけ出すという点です。それを実現するためにも、多様な手段で少しでも多くの求人のお知らせをかき集めましょう。
会員にならないと見られない求人情報も中にはあるため、転職サイトやアプリはいくつか掛け持ちして登録した方が効率的です。
焦って決めるのではなく転職を成功させましょう。転職するのにいいシーズンは、3月、または、9月が求人情報が増えていいでしょう。
そして、2年以上働いている場合、長く働くと判断してくれるでしょう。希望職種が決まっている場合、求人情報をチェックする事を習慣づけて、募集があればすぐに応募するといいですね。

 

 

募集の条件が、欠員が出た場合のみの職場は、いい時機を逃しがちになることもあります。